テーマ
タイルをアートに!!
名古屋モザイク工業では、タイルの魅力と可能性を広めるため、タイルで彩られた美しい施工事例、タイルの可能性を表現する施工事例を募集します。  
 
 
募集期間
2020年1月10日(金)~2020年5月31日(日)

応募条件
名古屋モザイク工業の商品が使われていること。
2018年6月1日~2020年5月31日までに日本国内外でタイルを使用した建築物(戸建住宅・集合住宅・店舗・教育施設・医療施設・公共施設)や造形物など。
 ※過去、弊社デザインアワードに応募された作品は審査対象外とします。
応募・受賞後の作品発表について施主・関係機関の了承が得られていること。
 ご応募いただいた写真は弊社カタログ・雑誌(「商店建築」他)・WEBサイト・SNS等各種媒体にて公開を前提とさせていただきます。
  
 
応募資格
応募作品の施主または設計者・デザイナーであること。
  
 
審査基準
タイルの新たな可能性が感じられ、オリジナリティーにあふれる作品。審査員の合議の上、総合的に審査します。

●タイルの選定・使い方において新たな可能性が感じられる
●建築物・造形物として提案・デザインが優れている
●タイルがデザイン的要素として空間・環境と調和している

 
 
賞および賞金について 
 
※最終選考まで残ったファイナリストの作品については、結果発表時にWEBサイト上で公表します。
※賞によっては「該当作品なし」の場合があります。また、「リノベーション賞」などの賞を設ける場合があります。
※受賞者の方には表彰式のご参加をお願いする予定です。(10月中旬予定)
※受賞者(金賞・銀賞・銅賞・入賞)には、タイルで制作した盾を贈呈します。
 

写真は2019年のもの(製品名「ブックマッチ」)。タイルの種類とデザインは年によって変わります。
 
  
審査員
アストリッド クライン 
(建築家)

クライン ダイサム アーキテクツ代表。イタリア生まれ。ロンドン・RCAを卒業後、マーク・ダイサムと共に現事務所を設立。デザインや建築に関する国際会議にも多数出席。

猪熊 純 氏
(建築家)

首都大学東京助教/成瀬・猪熊建築設計事務所主宰。代表作に「豊島八百万ラボ」「LT城西」など。第15回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展 出展 特別表彰など、受賞多数。

塩田 健一 氏
(月刊『商店建築』編集長)

東京生まれ。2006年より1956年創刊のストアデザイン専門誌「月刊商店建築」編集部に所属。各種特集頁や数々の増刊号を手掛け、2017年2月編集長に就任。

早田 辰比呂 
(代表取締役社長)

広島生まれ。名古屋モザイク工業(株)代表取締役社長。顧客第一の姿勢で営業前線で活躍した後、企画・営業統括時代を経て2016年春、名古屋モザイク工業(株)5代目社長として就任。

応募スケジュールと応募方法
   

2020.1

募集期間 2020.1.10~2020.5.31
名古屋モザイク工業ホームページの応募フォームよりご応募ください。

お一人様何点でもご応募いただけます。ただし、ご応募1回につき1作品とします。

エントリーフォームはこちら

 

提出内容
①施工例写真画像(最低1点~最大4点)
②大型物件、タイルの施工場所がわかりにくい物件については平面図1点を添付してください。
 ※平面図は審査のみに使用し、公開はいたしません。スキャン・手描きでも可能です。
③作品名・作品のテーマ・説明(50~300文字)・採用製品名・品番・使用場所を明記ください。

2020.5

募集締切 2020.5.31 24:00迄

2020.6

一次審査

2020.7

二次審査

2020.8

最終審査

2020.9

結果発表
2020年9月中旬にWEBサイト上で公表します。
また、公表後は、弊社ショールームにて受賞作品を展示します。

2020.10

表彰式
受賞者(金賞・銀賞・銅賞)の表彰式を執り行います。
※日程などの詳細は受賞者へ個別にご連絡します。状況により変更が生じる場合がございます。

過去の受賞作品