自分だけのデザインを作りましょう。
Mosaic Tile SimulatorVer.3.0

How To Use Simulatior


1. Random mix ランダムミックス

比率調整がスライダーに加え、数値入力とスピンボタンでも可能になりました。
1シート内だけではなく、作成範囲全体でランダムにミックスされます。


POINT
●使用カラーの選択は、カラーバリエーションからドロップまたは色番号入力2つの方法で設定できます。

2. Pattern パターン

複数シート(最大10×10シート)のパターン作成が可能になりました。
タイル一個ずつのクリックでなく、ペイントソフトのように連続して描写できます。
コピー&貼付け、全体へパターンの繰り返しが可能になりました。

POINT
●編集エリアを設定し、全体のバランスを見ながら、コピー&貼付け機能を使って連続柄がデザインできます。
●人気の「ASANOHA(麻の葉)」デザインも簡単にシミュレーションできます。

3. Gradation グラデーション

縦方向のシート数(最大10シート)と連動してスライダーが表示されます。
スライダーを動かして1シート毎の比率を調整。
各スライダーにマウスオーバーすると比率がポップアップで表示されます。

POINT
●シート単位のランダムミックスで構成するグラデーションを作成します。
●使用色を上から順にカラーパレットにドロップし、スライダー調節で美しい色調変化をお試しください。
計算では作れない絶妙なグラデーションも実現可能です。

 
保存について
 
モザイクタイルシミュレーターの保存には3種類あります。1.「画像保存」はプロユーザー様向けです。一般のお客様は必ず、2.「pdf保存」または3.「データ保存」にて保存ください。
 
1.「画像保存」・・・jpgまたはpng形式で保存可能。設計者様やデザイナー様が提案イメージの作成時に、キャドを始め各アプリケーション内での貼り付け等にお使いいただけます。
 
2.「pdf保存」・・・シミュレーションした色配分やシート割り図等の詳細情報も一緒に保存されます。一般のお客様が設計者様やデザイナー様と打合せされたい時や、実際のご発注の際に必要になります。
 
3.「データ保存」・・・後日、再編集されたい時はこちらから保存ください。シミュレーター内の[データを読み込む]から保存されたデータ(形式:JSON)を読み込むと、保存した時点のシミュレーションが再現されます。


三角形(45×15)

葉形(61×17)

正方形(25角)・ ボーダー(80×15)

ガラスモザイク(10・25・50・100角)

ガラスモザイク(20角)

ランタン型(64×56角)

六角型(25×22角)

六角型(22×19角)

19丸

ボーダー(19×20角)

ボーダー(145×15角)

正方形(10角)

正方形(22.5角)

正方形(25角)