HOME | サポート | 大判タイルの施工法 | NMリベット工法

NMリベット工法

 
NM リベット工法(落下防止補助金具)は、従来のエポキシ系接着材でのステン線付け等に替わるリベット式の固定取付け工法です。
600 角などの大型タイルの落下防止補助金具として、タイルと金具をリベットで結束させ、躯体に緊結させます。

NM リベット工法のポイント

  • 巻きバネで固定した場合、引っ掛け部を回す際に冶具が必要となりますが、リベットの場合工具を使わずに自由に動かすことができます。
  • タイルの裏足がない場合、エポキシ系接着材だと盛り上がり躯体に干渉してしまう事がありますが、リベット工法はほとんど盛り上がりがなく、梱包もスムーズに行うことができます。

■ステン板

タイルの名古屋モザイク工業株式会社/金具併用工法『NMリベット工法』
タイルの名古屋モザイク工業株式会社/金具併用工法『NMリベット工法』図面

■ステン線

タイルの名古屋モザイク工業株式会社/金具併用工法『NMリベット工法』ステン線

施工手順

 

タイルの名古屋モザイク工業株式会社/金具併用工法『NMリベット工法』施工手順1

タイルの裏面に接着剤を塗ります。この時、リベットの位置を確認してください。

タイルの名古屋モザイク工業株式会社/金具併用工法『NMリベット工法』施工手順2
リベットが付いている方を上にし、高さを合わせて貼っていきます。

タイルの名古屋モザイク工業株式会社/金具併用工法『NMリベット工法』施工手順3
ステン線を用いた場合は、リベットから伸びているステン線をビスに巻きつけます。
※ステン線を巻きやすいようにビスはあらかじめ長めに出しておきます。

タイルの名古屋モザイク工業株式会社/金具併用工法『NMリベット工法』施工手順4
全てOKであればビスを回して根元まで入れ込みます。

タイルの名古屋モザイク工業株式会社/金具併用工法『NMリベット工法』施工手順5
目地詰めをして完成。

施工上の注意点

  • 下地の面精度は、±2mm 以内として下さい。
  • 下地材は十分乾燥させ、付着しているゴミ・塵等はきれいに除去してください。
  • コンクリート・モルタル下地の豆板や、ALC・押出成型板等の欠け等は、事前に処理してください。
  • ALC・押出成形板の板間跨ぎは施工できません。
  • 目地材はシーリング目地を推奨致します。

適用下地(面精度 ±2mm 以内)

  • コンクリート(RC造、SRC造)
  • モルタル(木造など)
  • 不燃系ボード類(木造、鉄骨造、内装壁など)
  • 押出成形板(鉄骨造など)※総重量 30kg/㎡ まで
  • ALC板(鉄骨造など)※総重量 30kg/㎡ まで

推奨適用範囲

  • 木造、鉄骨造、内装:施工高さ10m まで
  • RC、SRC造:施工高さ31m まで

    ※その他の制限については最寄りの事業所へお問合わせください。
推奨接着剤
 
タイルの名古屋モザイク工業株式会社/接着剤『ME-05』
外部:ME-05
(タイルメント)

タイルの名古屋モザイク工業株式会社/接着剤『ME-20』
内部:ME-20
(タイルメント)