HOME | サポート | 大判タイルの施工法 | NMドットハール工法

NMドットハール工法

 
乱形の石材やセメント系二次製品、レンガ等、丸・三角他あらゆる形の仕上材に対応可能です。

施工手順

タイルの名古屋モザイク工業株式会社/金具併用工法『NMドットハール工法』施工手順1

ドットハール基盤を構造体と緊結

下地材及び胴縁にドットハールを、下地に適した専用ビスで固定します。

タイルの名古屋モザイク工業株式会社/金具併用工法『NMドットハール工法』施工手順2

接着剤で外装材を固定

色調のバランスを考えてストーンを割りつけます。ドットピンの取り付け位置に墨出しします。ゴミ、ほこり等をきれいに取り除いたストーン裏面に接着剤をつけて(1 枚に付き2 〜3 点)固定してください。

タイルの名古屋モザイク工業株式会社/金具併用工法『NMドットハール工法』施工手順3

目地詰めおよび仕上げ

モルタル目地を詰めます。目地ごてで隙間ができないように充分に充填してください。しまり具合を見計らい、目地ごて、硬めのホウキやブラシ(ササラ)などで目地の方向に沿って表面を薄く削り取るように掃き均してください。
 

施工上の注意点

  • NM ドットハール工法は、接着剤が基盤を通って、下地材に絡むようにするため、必ず下地材に防水処理が必要になります。また、防・耐水性能を要求される躯体の場合は、下地材で対応してください。
  • 下地材は十分乾燥させ、付着しているゴミ・塵等はきれいに除去してください。
  • コンクリート・モルタル下地の豆板や、ALC・押出成型板等の欠け等は、事前に処理してください。
  • 基盤は酸に弱いため、タイルの酸洗い等により影響がある場合は、養生等の対策を取ってください。
  • ALC押出成形セメント下地の場合は、絶縁シートが必要です。

適用下地(面精度 ±2mm 以内)
 

  • コンクリート(RC造、SRC造)
  • モルタル(木造など)
  • 不燃系ボード類(木造、鉄骨造など)
  • 押出成形板(鉄骨造など)※総重量 35kg/㎡ まで
  • ALC板(鉄骨造など)※総重量 35kg/㎡ まで

 推奨適用範囲

  • 木造、鉄骨造:施工高さ10m まで
  • 鉄骨等のALC板:施工高さ10m まで
  • RC、SRC造:施工高さ31m まで(但し、石材は1階壁面まで)
  • 推奨接着剤:オートンビーム1500 ソフト
  • 推奨飛散防止シート:全天テープ No.693

    ※詳細は最寄りの事業所へお問合わせください。
タイルの名古屋モザイク工業株式会社/金具併用工法『NMドットハール工法』

ドットハール基盤

タイルの名古屋モザイク工業株式会社/金具併用工法『NMドットハール工法』基盤
品 番:DTH-KB
実寸法:1000×910mm
重 量:3.3kg/枚
重 量:1.5kg/本

ドットピン

材 質:ステンレス
品 番:DTH-DP10・DTH-DP15
重 量:0.08kg/35個・0.09kg/35個
必要数:ドットハール1枚当たり35個
※タイルの厚さが20mm以上の場合、DTH-DP15をご使用ください。

専用基盤材質: ZAM®・ステンレス
耐久性が亜鉛メッキ製品に比べ10~20倍、亜鉛5%アルミ製品に比べ5~8倍優れています。
※「ZAM」は日新製鋼株式会社の登録商標です。