HOME | サポート | 大判タイルの施工法 | NMビームハール工法

NMビームハール工法

 
NMビームハール工法は、短辺300 角サイズ以上の石材・タイルを壁面へ安全に張ることができます。

施工手順

 

タイルの名古屋モザイク工業株式会社/金具併用工法『NMビームハール工法』施工手順1
タイルの名古屋モザイク工業株式会社/金具併用工法『NMビームハール工法』施工手順1

ビームハール基盤を構造体と緊結

下地材及び胴縁にビームハールを、下地材に適した専用ビスでしっかりと取り付けます。その後接着剤を塗布します。

タイルの名古屋モザイク工業株式会社/金具併用工法『NMビームハール工法』施工手順2

接着剤で外装材を固定

タイルにも接着剤を点付けし、ビームハール基盤のツメ部に乗せながら、もみ込むように張り付けます。

タイルの名古屋モザイク工業株式会社/金具併用工法『NMビームハール工法』施工手順3

目地詰め

コーキング等で目地詰めします。
 

施工上の注意点

  • NM ビームハール工法は、接着剤が基盤を通って、下地材に絡むようにするため、必ず下地材に防水処理が必要になります。また、防・耐水性能を要求される躯体の場合は、下地材で対応してください。
  • 下地材は十分乾燥させ、付着しているゴミ・塵等はきれいに除去してください。
  • コンクリート・モルタル下地の豆板や、ALC・押出成型板等の欠け等は、事前に処理してください。
  • 基盤は酸に弱いため、タイルの酸洗い等により影響がある場合は、養生等の対策を取ってください。
  • 6mm 厚以下のタイルは、タイル裏面に飛散防止シートを貼る事を推奨します。
  • ALC押出成形セメント下地の場合は、絶縁シートが必要です。
     

適用下地(面精度 ±2mm 以内)

  • コンクリート(RC造、SRC造)
  • モルタル(木造など)
  • 不燃系ボード類(木造、鉄骨造など)
  • 押出成形板(鉄骨造など)
    ※新ビームハール:総重量 30kg/㎡ まで
    ※ビームハール:総重量 35kg/㎡ まで
  • ALC板(鉄骨造など)
  • ※新ビームハール:総重量 30kg/ まで
    ※ビームハール:総重量 35kg/㎡ まで

     

推奨適用範囲

  • 木造、鉄骨造:施工高さ10m まで
  • 鉄骨等のALC板:施工高さ10m まで
  • RC、SRC造:施工高さ31m まで(但し、石材は1階壁面まで)
  • 推奨接着剤:オートンビーム1500 ソフト
  • 推奨飛散防止シート:全天テープ No.693

    ※詳細は最寄りの事業所へお問合わせください。
タイルの名古屋モザイク工業株式会社/金具併用工法『NMビームハール工法』

■ビームハールセンター(ツメなし最上部用)

タイルの名古屋モザイク工業株式会社/金具併用工法『NMビームハール工法』
新ビームハール工法(タイル厚12㎜以下)
品 番:BMH-2H
実寸法:62×2000×1.0㎜
重 量:1.2kg/本
ビームハール工法(タイル厚12㎜以上)
品 番:BMH-1H
実寸法:106×2000×0.8㎜
重 量:1.5kg/本

■ビームハールセンター(ツメ有り)

タイルの名古屋モザイク工業株式会社/金具併用工法『NMビームハール工法』
新ビームハール工法(タイル厚12㎜以下)
品 番:BMH-2M
実寸法:62×2000×1.0㎜
重 量:1.2kg/本
ビームハール工法(タイル厚12㎜以上)
品 番:BMH-1M
実寸法:106×2000×0.8㎜
重 量:1.5kg/本

■ビームハールサイド(最下部用)

新ビームハール工法 A(タイル厚12㎜以下)
品 番:BMH-2LA
実寸法:35×2000×1.0㎜
重 量:0.9 kg/本
新ビームハール工法 B(タイル厚12㎜以下)
品 番:BMH-2LB
実寸法:60×2000×1.0㎜
重 量:1.5kg/本
ビームハール工法(タイル厚12㎜以上)
品 番:BMH-1L
実寸法:71×2000×1.0㎜
重 量:1.2kg/本

専用基盤材質: ZAM®・ステンレス
耐久性が亜鉛メッキ製品に比べ10~20倍、亜鉛5%アルミ製品に比べ5~8倍優れています。
※「ZAM」は日新製鋼株式会社の登録商標です。